忍者ブログ

バカ夫婦。

とらちゃんとサル。 バカ夫婦歴22年。 何年経っても仲良しで冒険好きな夫婦です。 そんな人生の旅の途中。 出会いや別れの中で気付いたこと、思ったことなどを綴っています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

身体に優しい食材「甘味料」

前回のつづき】

今日は身体に優しい食材や私が気に入って食事に取り入れているものを紹介したいと思う。

テーマは「今よりも少し」
で、決して無理しない。

あんまりガッチリと「身体にいいものしか摂らない!!」
ってやると疲れるし、金銭的にも無理がかかる。


あくまで楽しみながら
そう、今よりも少し良くなることを喜びながら
この変化を遊ぶように進んでいく感じ♪


私も少しずつだった。

すでに買ってしまってある調味料もいろいろあったし
捨てるにはもったいない。


「でも、次に買うものは今よりもこだわってみよう!」


そうやって少しずつキッチンが変わっていくのが楽しい。


前置きが長くなったけど(^_^;)


まずは「砂糖」(甘味料)を見直した。


「白砂糖」「精製砂糖」が身体に良くないことは知っていたから
「きび砂糖」を使っていた。


↓ スーパーで400円くらいで売っているしAmazonならもっと安い♪



柔らかい甘さで料理にも使いやすい。

原材料:原料糖(オーストラリア、タイ、日本)




もうちょっと こだわりたいときはコチラ↓↓


素焚糖(すだきとう)というお砂糖。
先ほどのきび砂糖より少しお値段は高め。

奄美諸島のさとうきび100%を丁寧に炊き上げたお砂糖。
こちらも優しい甘さで用途は選びません。





でも、やっぱり「砂糖」は・・・という人は
「てんさい糖」という優しい甘味料がおススメ。↓↓




てんさい糖は原料がさとうきびではなく
「てんさい」という植物からできるお砂糖のこと。

詳しくはこちら→てんさい糖のQ&A


こだわりのオーガニックカフェでお砂糖として使われていたのがきっかけで知ったんだけど
キラキラと輝くような綺麗な甘味料です♪


甘さはきび砂糖よりも更に優し目だと感じるから
いきなり変えると量を使ってしまうかも?!



ちょっとお値段高めだけれど
高いものを使うとやっぱりちょっとケチって使用料も控えがち(笑)

それがまた砂糖控えめとなるのでいいんだよね(笑)



黒糖も良いんだけど、料理には用途を選ぶのでこの辺りが使いやすいです。


・・・でも!
身体に優しい砂糖でも できるだけ控えるべし!


・・・と胃腸の専門家に言われまして
おススメされたのが「本味醂」(ほんみりん)↓↓




原材料は 国産もち米、米麹(国産米使用)、焼酎

我が家は今これを使っています。

これ!そのまま飲んでびっくり!
美味しいんです♪♪

お酒シロップという感じで
甘口のお酒好きな私にはたまらない味。


昔は滋養強壮ということで飲まれていたとか。
美味しいし栄養価が高いというところでそれも納得。


もち米と麹でこんなに甘くなるのかとびっくりしつつ
日本人で良かった~と思うほど(笑)

「本みりん」と書かれたものでも「醸造アルコール、糖類」
というのが入っているものがあるんだけど

やっぱり酒屋さんなどで売っている本物の「本味醂」が美味しいです。


一升なので私はいつもAmazon♪
今のところ送料無料で酒屋さんより少し安く
重いので家まで持ってきてくれるってありがたい~!と重宝。

Amazonだといろいろな本味醂から選べるし、いろいろ試したいと思ってマス。

お値段は大体似たり寄ったり。
どれも美味しいだろうな~~♪


↓送料無料の本味醂たち↓
  
    






味醂のおかげで最近では砂糖をほとんど使用しなくなりました♪

甘さを出したいときは少し煮詰めるとテリっと甘くなるし
味醂だけをお鍋で煮詰めてアルコールを飛ばすと
「みりんシロップ」ができるので
それを砂糖代わりに使うのもアリです。


味醂はアミノ酸やビタミンB群が豊富だし
低GIなのがすごいところ。
白砂糖のGI値が110で味醂のGI値は15というから血糖値を気にする人にも嬉しいよね。


何より料理にコクが出て
素材の味をひきたててくれるし
こういう優しい甘さに口が慣れてくると
白砂糖の甘さが強すぎて苦手になってくるのが不思議。


結果、甘すぎる物を食べなくなるのでダイエットにも健康にも〇(笑)


甘みも大切な味。
ほっこりと疲れも癒されるしストレスにも効果的。


だけど、甘さが過ぎると胃腸に負担をかけてしまう。
おまけに現代は甘いものが多い。


どれだけ控えようと思っていても砂糖からは逃げられない。


だからこそ、自分で使うものだけでも気を付けたい。


胃腸を守る。
それが主婦の大事な使命なんだから(笑)  おおげさ?!



でも、それだけの効果はやっぱりある。
身体は食べたものによって変わるってことを実感する。


もちろんスムーズに良くなるだけじゃないけど
今まで無視してきた分 時間もかかるけど


それでも、胃腸が嫌いなものを減らしていきたい。


それを
本当に美味しいものを食べることで得られるなんて
なんだかお得(笑)


こだわった甘味料で作った料理はおいしい!


甘味料をこだわるだけでこんなに変わるとは。


一度お試しあれ♪



【つづく】


とら


↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村
PR

服より野菜(笑)

前回のつづき】

お腹のことを考え、結婚20年目にして料理が突然好きになった私。


当然「食材」まで好きになってくる。


新鮮な野菜。


こだわりの安心調味料。


無添加やオーガニックの食品。


そういうものって案外探せばあちこちにある。


「農産物直売所」とか「道の駅」


そういうところには結構こだわりの食材が並べられている。


休日にサルとそういうところに行って
食材を買うのが大好きになった。



キラキラした野菜に出会うとテンションが上がる(笑)


洋服を買うよりも(笑)


洋服に比べると食品は安い!!
しかも野菜は案外リーズナブルで、スーパーで買うよりも安いことが多い。




無添加のこだわり調味料。
そういうものは案外割高だけど
こだわって作ってくれているだけあって味も格別!


こだわって作られているものを
こだわって買う。


そんな調味料で丁寧に料理する。


美味しくないはずがない!


お腹が喜ばないはずがない!



新鮮素材とこだわった調味料で作った料理は
シンプルな料理法でもかなり美味しい。



だから、まだまだ凝った料理ができない私でも素材に助けられてる。


しかも、一日2食だから案外高くつかないから不思議。


そして
「いいものを使っている」という感覚。


だから、少しずつ食べよう。
大事に食べよう。


そう思う。


だから自然に薄味になる。


あれこれ入れる必要がないというのもあるし
せっかくの素材をうまみを残した食べたい!と思うようになる。


薄味=味がない、マズイ
と思っていたけれど
素材の問題だったんだと思った。


野菜にこんなにも味があることを初めて知ったような気がする。


そうすると今度は舌が変わってくる。


今まで食べていたお菓子類が急に甘すぎて食べられなくなってくる。


またまた食べられるものが減った気がした。


でも、そんな中で新しくハマる味がある。


それは和菓子だった。


おはぎ、三色団子、桜餅、酒饅頭、みたらし団子
和菓子屋さんに行くとどれも美味しそう・・・!!


和菓子ってなんて美味しいんだろう・・・・!!!


夫婦であれこれ悩み
少しずつ買う。


そんな楽しみが増えた。


一つ減っては一つ増え
どんどん世界が変わっていく気がした。


そしてその変化はとても楽しかった。


【つづく】


とら




↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村


旦那の胃袋をつかむ

前回のつづき】

料理をするのが嫌いだった私が
料理をするのが楽しみになった。

今日はコレを作ろう!
そう思って新しいものにチャレンジしてみる。

今の時代はネットで何でも教えてくれるから有り難い。


今までの食事よりも 少しでもいいから身体に優しいものを。
今までの食事よりも 少しでもいいから素材のいいものを。

そうやって考えて作る。


考えて作る?


何だか今まで考えてなかったかもしれないと思った。


適当にスーパーで
適当に安いものや目についたものを買って
適当にいつもと同じものを買って


適当に作っていたような気がする。


面倒くさくて。
考えるのも
野菜を刻むのも
調理をするのも。


それを「苦手」だと思っていた。
苦手だけれど苦手なりにやっていると思っていた。


「お腹が空くし」
「毎日何か食べないといけないし」
「主婦だし」

そう思っていた。


何が違うんだろう?


ちょっと考えてみた。


「お腹のことを考えて作ること」

「素材を大切に思って作ること」

「サルが喜んでくれる顔を想像して作ること」


そうだ。


それが料理が楽しくなった理由だ。


今までだってサルが喜ぶような料理を作ってきたつもりだった。

それは
ガッツリ食べられるものだったり
ご飯が進むものだったり
サルが好物としてるもの


だけど


サルの「お腹」が喜ぶものはそれとは違うことに気が付いた。


実際「お腹のために作った料理」は本当に美味しくて
意外にもサルは大喜びだった。



「俺、初めて結婚したみたい!」(笑)


「新妻ができたみたいな気分!」


なんて失礼なことを言いつつも嬉しそう。


「何それ~!」

と文句を言う私に


「毎日 今日の夕食が楽しみで!」


・・・という一言に機嫌も直る(笑)



不思議だけれど
「食」というのは生活を変えてくれた。


旦那の胃袋をついに掴んだかもしれない(笑)


それも結婚20年目にして(笑)


【つづく】


とら


↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

結婚20年での大変化

前回のつづき】

ステーキ事件の後から食事の「質」というものをいろいろと考えてみることにした。


以前少し書いたことがあるけれど
ちょうど季節は年末だったのでいろいろと食材が必要な時期でもあった。

毎年のようにサルとお正月の買い物に行く。

こういうことが「楽しい」と思えるようになったのも数年前からかな。

季節感を二人で味わうって幸せなことだよね。




お正月で外せないのは「お餅!」

お餅はどれにしよう・・・??

市場を歩く。


去年まではスーパーで買っていた。
一応美味しそうなのを選んで。


でも、市場には「餅屋」さんがある。
「餅は餅屋」という言葉があるくらいだからやっぱり美味しいのかな?

「杵つき餅」と書いてあるソレは普段買っているお餅の倍はする値段だった。

10個くらいしか入ってないのに800円くらいだっけかな。
形もなんだか不揃いで、でも、触ると柔らかい・・・・!!


よし!まずはここから・・・とお餅を購入。


そこから何かスイッチが入る。


餅屋さんが杵でついたお餅。


うん、なんかいい!


そのお餅を美味しく食べたくて
美味しそうなお味噌も買う。
どうせならこだわって。



お節に入れるものは二人が食べたいと思うものだけ。

これは子なしの特権かな(笑)


お互いの食べたいものを言い合いながら
お互いのお腹の声を聞きながら街を歩く。


「これ美味しそう!」
「買っちゃおっか!」


「じゃあこれも横に並べよう」
「おぉ!うまそう!」


「これなんてどう?」
「やばいな!」


なんて大はしゃぎ。


去年までとは随分違うお節になった。


いつもお正月にたっぷりと買うお菓子はほとんど買わず
ジュースは米麹の甘酒に変身。


年越しそばもどうせならこだわって
だけどお腹に負担の少ないものを選ぶ。


そんな一連の買い物が楽しいこと。


新しい目的ができて
それを二人で楽しむ。


こんな幸せな年末を迎えられることに感謝した。


食べ物にこだわるって面白い。


何だか世界が違って見えた。



自宅に帰り
戦利品を並べる(笑)


どれも美味しそう!
なんだか豊かな気分。


豊かさってこんなところにもあるんだな。


今まで見えなかったものが見えたような気がした。


それらを使って料理をする。


なんだか食材が愛おしい。


だって、こだわって選んだものだから。


大切に大切に封を開ける。


大切に
できるだけ美味しい状態で食卓に出したい。


そう自然に思えた。


料理はどちらかというと苦手で、
面倒で、できるならしたくなかった。



だけど、食材を真剣に選んだだけで
いつもの料理とは全く違う気分で台所に立った。


そんな自分に 自分自身が一番驚いた。



そしてこだわって選んだ食材を使った料理は
それはそれは美味しくて。


「やっぱり餅は餅屋やね~!」

と納得させられた。


口に入れたときの食感が違う。
粘りが違う。
風味が違う。
味が違う。


う~~ん、悔しいけどスーパーの物とは違う・・・・。





今まではテレビを観ながらお菓子をポリポリ。


だけど今年はぜんざいだったりあんころ餅だったり。


お餅ってこんなに美味しかったんだ!と二人で感動。


量は少な目に。


お腹がいっぱいになったらもったいないから(笑)


いつでも 食べられる胃にしておきたい。


そんな風に思った。


そんなお正月から
私は突然料理をするのが好きになった。


「だれか作ってくれたらいいのに~」
「食べるの専門!」


なんて言ってた私。


結婚して20年。


こんな嬉しい変化があるなんて。


人間まだまだ変わるんだな。



それも、180度・・・・!!!



【つづく】


とら




↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

6年後の今。シロへの思い

鼻腔内腫瘍でシロを失ってから6年。

新しい家族のトイプー花も2歳に。

それでも
今になっても

「鼻腔内腫瘍」でうちのブログに来られ

シロの記事を読んで頂き
コメントを下さる方も。


少しは役に立ててるんだな。
シロも私たちの葛藤も。


それだけでも
シロが生きた足跡がしっかりと残っているようで嬉しいと思う。



いつも書いているけれど
飼い主と愛犬には正解なんてない。


病状だって
進行だって違う。
生活だって
関わり方だって違う。



飼い主と愛犬にしかわからない
意志の疎通がある。


だから思う。


飼い主が考えて考えて
愛犬のために考えた決断は
きっと愛犬にとって最高の決断だって。



愛犬が望んでいることなんだって。



話せなくても
飼い主と愛犬の間にしかわからない言葉がある。


一緒に過ごしてきた中で
そこにしかないテレパシーみたいなものが。



だから、どんな決断でも
自信を持って
悩んだ自分をちゃんと褒めて
決断してほしいと思う。



そして
その時まで
愛犬と深い深い時間を過ごして欲しいと思う。


エラソーに言うつもりはないけれど


私は今
シロのことを思い出すと穏やかで
やっぱりシロへの愛はいつもここにあって


シロも心の中にいつもいてくれて


それでも新しい愛犬の花も愛しくて


花の笑顔にいつも癒されていて


いつか花ともお別れがくることもどこかでわかっていて



だからこそ


健康で病気じゃない今の花を
大切にして
いっぱい可愛がって
濃い時間を過ごしたいと思える。


病気であってもなくても


いつかは別れるときがくる。


もちろん人間同士でも。



だから、健康で笑顔で過ごせる毎日を
心から愛おしいと思う。



私は幸せです。



シロや花
サルや
ブログを読んでくれている皆様のおかげで。


何だかふっと書きたくなりました。


ありがとうございます。



とら



↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

美味しいステーキが・・・・(^_^;)

前回のつづき】

今日の記事内容は決してお食事中の方は読まないでください!(笑)


・・・ということでお察しはつくかと思いますが
書いていきます(笑)


待ちに待ったステーキの日。



こんなお店・・・♪
一度は来てみたかったぁ~~~!!


みんなでこのお肉を見てテンションマックス!!


「焼き加減はどうされますか?」

「う~ん、ミディアム」
「レアで」

などなど慣れないやりとりに大興奮(笑)


口に入れると肉汁がジュワ~~~♪

「ごはんごはん!」


・・・とやっぱり白ご飯に合わせる庶民派(笑)


私もサルもお肉の中で一番好きな食べ方はステーキ(だった)!


いろんなソースがあるけれど
私たちは塩のみか塩コショーだけで頂くのが好き。


肉の脂が甘く感じて最高に美味しいんだよね!!


だけどここはちょっといいお店。

わさびだったり
岩塩だったり
ガーリックフライだったり
粒こしょうだったり

いろんなものを乗せて頂く。


う~ん!!ご飯が止まらない!!!


・・・・だけど・・・

ん???


ちょっと脂が堪えてきたような。。。。



そうなんだよね。

この日のステーキは少しリーズナブルなランチコース(笑)


ということは朝ご飯抜きで
最初に食べた食事となるんだよね。


美味しいけどちょっと脂っこい・・・?!


・・・後半あたりにそう感じたけれど
やっぱり味は格別!
スイーツまでしっかりと頂き大満足。


「ああ!お腹いっぱい!!」


とゆっくりとお店を出たら

サルが
「ちょっとトイレ行ってくる」


というので駐車場で待つこと数分。



「遅いな~」

と待ちくたびれた私たちにサルが

「せっかく食べたのにもうお店に返して来た」


「何それ!?大丈夫??もったいない~~~」


と笑いながらお店を後にした。



その後買い物をしていたら
またしてもサルがトイレに・・・・


「ほんとに大丈夫?」


さすがにちょっと心配になった。



その数分後


今度は突然私のお腹がきゅうぅぅぅ~と痛みだす。

「イタタタタ!何で?」

「お前もか?!」
・・とサル。


慌ててトイレに駆け込む(笑)



せっかくいいもの食べたのにぃ~!!


結局2回ずつ駆け込むことに。



その後最近朝食を抜き始めた母も夕方にトイレに駆け込んだと聞いた。


まさか、あんないいお店で食中毒ってことはないと思うし
何だったのかな~~??



翌日、たまたまお腹の先生の施術日だったのでその話をしてみると・・・


「それが正常なお腹の反応です!」


と言われた。


お腹はもともと脂が苦手。


私たちは朝ごはんを抜くことでお腹が回復しだした頃だから
嫌がって排出したのでしょうとのこと。



先生にも経験があるとのことで
ちょっとホっとした。


そのうちお腹が強くなってくると
少しのことでは痛くなったりしなくなりますよ♪


と言われたものの・・・


何だかブルーだった。



だって。

そもそも胃下垂を治したかったのは

サルと二人で美味しいものを食べたかったから。


お肉もいっぱい食べれるようになりたい!と
内臓を強くしたかったんだよね。


なのに

内臓はお肉が苦手・・・

食べるとあんな感じになっちゃうのなら


何だか何のために胃下垂を治そうとしたんだろう・・・って。


「じゃあもうお肉は食べられないんでしょうか?」


不安そうに聞くと 先生は答えた。


「食べ物なくなっちゃうって不安になりますよね?」
「でも大丈夫です。お腹が元気になるにつれ美味しいものいっぱい増えてきますよ!」


「本当ですか?」


「本当です!まずは質をあげてみましょう」

「質というと?」

「朝ごはんをやめて一日2回になったので食費も減ったと思います。
 量も減ったと思うので、今度は質をあげていきましょう
 
 もちろん、お腹が喜ぶもので!」



「なるほど・・・!!」


何だか楽しそうと思った。


いつも
「食べたいもの」
「選びたいもの」

の前に

「値段」や「量」が割り込んでいたっけ。



美味しそう!
でも高いな・・・

とか

これ、身体に良さそう!
でも、ちょっとしか入ってないしな・・・


ってな感じで。


もちろん、やりくりは大事だし
それはそれで当然なことなんだけど


せっかくだし
できる範囲で楽しんでみることにしようと思った。




それがまた生活を大きく変えて行く・・・・



【つづく】


とら



↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

内臓さんの声

前回のつづき】

夫婦でデトックスを数回にわたって経験できたんだけど
それはただ「朝ごはんを抜いたから」だけじゃないと思う。

意識だとか
感じ方とか
そういうものが自然に変わっていったから。というのが大きいんだと思う。


例えば、朝食を抜いたら
お昼ご飯までは何も食べないことになる。


だから、お昼ご飯に食べる物はできるだけ胃のことを考えたい。

だからってお粥だとかうどんだとかそういうわけじゃなくて

長い時間空腹の後なんだから
胃に負担のかかるような食べ物や食べ方は自然にできなくなるんだよね。


前だったらお昼にパパっとインスタントラーメンで済ましたりだとか
残ったパンやケーキでいいか~みたいにそれだけ食べたり
惣菜のコロッケや焼き鳥なんかをパパっと買って食べたり


二人でランチにガッツリお肉を食べたり
揚物やこってりしたものを食べたりしてたんだよね。


それで良くお腹が痛くなったりしてたっけ。

それでも 胃のことなんて深く考えてなかったんだよね。


でも。

「胃のことを考えよう」

と思ったら自然に


そういうものに手が出なくなってきたんだよね。


二人でランチに行っても
以前気に入っていたガッツリ系は何故か気が進まなくなり
うどんやそば、和食や野菜中心の創作料理
そういうものに心惹かれるようになったんだよね(笑)


いやぁ じじ(ばば)くさい(笑)


だけど、これがまた自然にそういうものを「美味しそう!!」と思えるから不思議。


まるで別人になったように食べ物の好みが変わった。


餃子や揚げ物、甘いものが大好きだったサルが
出汁の臭いを嗅いでお腹がグゥグゥ(笑)
お味噌汁を作ってくれ!と言う。


パンやチョコ、スナック菓子やパスタが好きだった私が
何故だか酒粕や和菓子好きになり
新鮮野菜を買うのが好きになっていく(笑)


まるで胃腸に気持ちがあり
それが「これ食べたい!」って言ってくるような
そんな感じだった。


今まではお風呂に入った後などに
冷たいヨーグルトを食べていたんだけど
それもやめた。


せっかく胃腸が夕食を消化し終えたのに
そこに食べ物を入れるのはかわいそうだよね~。。。って感じで(笑)


何だか胃腸に気を使うような(笑)
初めて声を聞いてあげたような
そんな感覚だった。


すると、胃腸のほうも
「やっと私の声が届いた!」とばかりに
「これが食べたい」
「これは嫌い」

みたいに。
いろんなサインを出してくるようになった。



きっと。
今までも胃腸は何かを訴えていたのに
私がそれを聞こうとしなかったんだろう。


ごめんね。内臓さん・・・(^_^;)


よく考えたら
いっつも私がパクパク口に入れる物を
一生懸命消化してくれてた。


当たり前すぎて
感謝することも忘れてたけど
改めていっぱい感謝と懺悔をした。


だけど気を使うだけのことはある。

疲れやすい体質だったのが
随分改善されてきた。


ああ、普通にしてるだけでしんどかったのが嘘みたい!
本当に内臓って大事なんだと痛感した。



そのうち両親も私たちの話を聞いて
朝食をやめようかなと言い出した。


無理に進める気もなかったし
食べるの大好きな父親ができるはずがないと思っていたから
「やりたければやってみて、無理だったら食べたらいいと思うよ」

と言っておいた。


父は案の定すぐには始めなかったけれど
母は納得したのか朝食を抜き始めた。


数日たって
「身体が楽になって朝からよく動ける!」とメールが届く。


こんな風に家族が健康に向いていく感じを
本当に幸せなことだと思った。


両親にもまだまだ元気でいてもらいたい。
そうでないと困る!!(笑)


久しぶりに両親も揃って話し
みんなが元気そうに大きな声で笑う。


あぁ。
昔は大変だったけど
こんな日が来るなんて・・・
嬉しいなぁ・・・と噛みしめる。



苦しいこと
大変なことがあっても


ちゃんと乗り越えて笑えるんだな。


人間の強さを見た気がした。


話は盛り上がり
みんなでお祝いに(何の?)
上等のステーキを食べに行こう!という話になる。


ん?この状態でステーキ?
と思ったけれど
何だかみんな盛り上がり
そういうのもたまにはいいかなと思った。


普段気を付けてるんだし
随分胃も調子いいし
いいかもしれない♪


こういう流れは大切にしたい。


よ~し。その日までにみんなで体調を整えよう!


という感じでお店を予約した。


そこまでは良かったんだよね。
まさか、あんなことに。。。。



ということで

続きは次回に・・・・(汗)


【つづく】

とら




↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

夫婦でデトックス

前回からのつづき】

すっかり朝食抜きにハマった二人。


好転反応、デトックス、毒出し
と呼ばれるような症状を繰り返し
少しずつ身体が変わっていった。



以前書いたけれど
私はまず突然熱が出た。→コチラの記事参照


それ以外には
2週間近く痰が出続けた。
その後はピタリと痰も止まり、風邪をひかなくなった。


私は喉が弱く、風邪をひくときはまず喉の痛みからだった。
朝起きたら喉が痛かったり
喉の奥が乾燥して咳が出たりしていた。


花粉症はほぼ年中あって
当たり前のように咳止めを常用していたんだよね。



デトックスと思われるその時期は
不思議なことに痰がしょっちゅう出て
でも、喉の痛みはないし、もちろん熱もないし、元気だった。


まるで、身体の奥を掃除してくれてるような感じ。


痰が止まった後は
不思議なくらい風邪をひきそうになく
周りで咳をしていてもうつる気がしなかった。


こんな感じは子供の頃以来かな。


人よりもすぐに風邪をひいていた私にしたら
こんな素晴らしいことはないと思えた。



ちなみに一足遅く朝食を抜いたサルのデトックスの症状は
アホみたいに鼻水が出る・・・だった(笑)


その症状も2週間か3週間くらいだったかな。


「朝ごはんやめて調子いい~!」

と言って数日後

ちょっとダルそうな顔をして
鼻水が出始めた。


ダルそうだけどやっぱり熱はないし
本人いわく
いつもの風邪や副鼻腔炎とは違う!と言う。


だけどまるで花粉症の時期のように
鼻水を放出するサル。


ティッシュがあっという間に空になる(笑)


長い間、副鼻腔炎(蓄膿)を患ってたサル。


少し疲れたり
寒かったりすると

すぐに鼻が詰まりだして
熱が出て
病院に行く。。。


それが年々ひどくなっていた。



顔の中に大量の膿が溜まり
病院で鼻の奥の薄い骨をバキっと割って?!抜いてもらったこともある。


夏以外はいつも鼻がグズグズしていて
いつの間にかそれも当たり前になってた。



だけど、その時の鼻水は
出しても出しても出てくるし
本人は それが気持ちいいらしく


「奥の方が掃除されてる感じ!!」


と大喜びで鼻をかんでいた(笑)


横で見ている私も きっとデトックスなんだろうなと思いつつも

本当に止まるんだろうか?と心配になるほど。


だけどそれもやっぱり終わりが来て止まったんだよね。



すると


「匂いがわかる!!」
とサル。


今まであんまり匂いがわからなかったこともわからなかったようで(笑)
そうなって初めて
今まで鼻が詰まって匂いがわからなかった自分に気付いた様子。


匂いがわかると食事が美味しいようで
これまた嬉しそうにご飯を食べてくれる。


更に作り甲斐があるってもんだよね。


もちろん、朝食をただ抜いただけの効果とは思えない。


朝食を抜くことによって自然に
昼食も夕食も変わっていったからこその効果だと思う。


また次回はその辺のことも書きたいな。


【続きは次回に・・・】


とら



↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

サル、まさかの朝食抜き!

前回のつづき】

原因不明の発熱の後はすっかり元気だった。

出かけて帰ってきたときの疲れもマシになり
「今までは本当に疲れてたんだ」と痛感した。


楽しく出かけても疲れる・・・
これは結構悩んでたんだけど
原因も解決策もわからなかった。


でも、今ならわかる。
疲れてたのは内臓だったんだなって。


いつも元気なサルを見て
どれだけ羨ましかったことか。


そんな私を見て
サルがこう言った。


「俺も朝食やめてみようかな」


ええっ??!!


食べるの大好きなサル。
お腹空くとすぐ電池が切れそうになるサル。
腹いっぱい食べるのが大好きなサル。
ありえない~~~!!!


すぐにこう答えた。


「サルはやめたほうがいいと思うよ」

「だって、サルは別に私みたいに調子悪くないし
きっと胃腸も強いんだと思うし 
朝食抜いたら仕事できないかも?!」


そう言ったのに


「ためしにやってみる。やってみたい・・・」


って言うんだよね。


どうやら
サルはサルで
漠然とした内蔵の不調を感じていたみたいで


翌朝スッパリと朝食を抜いた。


でも、朝のコーヒーは飲みたかったらしく
すきっ腹にコーヒーのみ。


それって胃に悪そう?
大丈夫かな?


って心配したら

「まぁやってみたらわかるやろう~」

だって。


うらやましい楽観主義。



サル 生まれて初めての朝食抜き。


途中で空腹で参ってないかと心配したけれど


意外なことに


「食べた時とまったく変わらん」


だって。


え??私と同じ!!


何で?



そして朝食抜きのまま2,3日が過ぎ


サルから嬉しそうにメールが来た。


「めっちゃ腹減った!!お腹が鳴る!嬉しい!」


だって。


どうやらサルも
その頃は心地いい空腹感を感じてなかったらしい。


脳は食べたいと感じるけれど
お腹がしっかりと減る感覚、それがいつの間にかなくなってた・・・と。



そして不思議なことに
身体は軽く良く動ける
仕事にもまったく差支えなく
午後も眠くない
お弁当も夕食もうまい!!


・・・とすっかり朝食抜き夫婦になってしまった(笑)


私は胃下垂を何とかしたいし
不調を感じていたからわかる。


だけど、胃が強いサルがまさかの朝食抜き。


それも自主的に。。。。


本当に驚きだった。


まぁ、私を傍で見ていて
その変化を感じたんだろうな。



それに、もともと胃腸が強いサルだけど
今までの暴飲暴食でかなり痛めつけていたんだろうと思う。


私はもともと弱く疲れている胃腸。
サルは強さにあぐらかいて痛めつけた胃腸。


どちらもきっと休養が必要だったんだと思う。


先生曰く
「胃腸が休まるのはお腹に食べ物がない状態」

「空腹で空っぽの時間を作ってあげなきゃいけない」とのこと。



朝食じゃなくてもランチでも夕食でもいいそうなんだけど
ランチは社会に出ているとなかなか難しい。
夕食は家族揃っての団らんもあるし・・・ということで
朝食抜きがやりやすいのでは?ということだった。



でも。
夫婦揃って朝食抜きになると
朝の時間はたっぷり。
出かける用意も早くなり
食費も手間も省ける。


我が家にとってはいいことばかり。


おかげで休みの日は今までよりも早く出発できる。


「何で今まで朝食食べてたんかな~って思う」

・・・とサルまで言った(笑)



サルがそんなことを言う奇跡にびっくりしながら
これからどんどん健康な胃腸になれるかも!とワクワクした。


【つづく】


とら


※朝食抜きをされたい方は専門家の指導のもとでやられることをお勧めします。
 あくまでも私たち夫婦の体験ですので効果を保証できません。。。<m(__)m>



↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村


好転反応?

前回のつづき】

朝食をやめたことで もう一つすぐに感じたことが

「食事が美味しい!」

ということだった。


お腹がしっかりと空いたお昼ご飯の美味しいこと。


サルと二人揃って食べる夕食が美味しいこと!


以前はお昼ご飯は面倒だなと思っていた。


できるだけサっと済ませられるもので
洗い物が少ないもの
お茶漬けや納豆でいいや~みたいな感じだった。


でも、しっかりお腹が空いてるから
どうせなら美味しく食べたい。


空腹の胃が喜ぶような優しいものを食べたい!


そう思うようになり
少しずつ工夫をするようになった。


ちょっとだけ手間をかけた一人ランチは
美味しくて幸せで楽しみになった。


もちろん、夫婦揃っての夕食も
せっかくだから楽しみたい!・・と工夫をするようになっていく(笑)



空腹は最高の調味料!
というような言葉を聞いたことがあったけれど
あれは本当だなと思った。


これだけ書くと「いいことばっかり!」
みたいだけれど(たしかにそうなんだけど)


好転反応のようなものもしっかりとあった。


胃腸の施術を初めて受け
朝食を抜いてから5日後くらいだったかな


元気なのに突然喉がイガイガし
「あれ?風邪かな?」


と思ったら数時間後に発熱。


びっくりしてすぐにお布団に入る。


一時38度くらいまで熱が上がる。


風邪なのかどうかもわからない。


もしかしたら朝食を抜いたことで身体が好転反応を起こしているのかも!


きっと内臓がようやく動き始めたんじゃないか?


何だかそんな風に思えて


「身体が不調なときは食べ物を控えた方がいい」

という先生の言うことも思いだし


せっかくなので昼食も抜いてみた。


発熱があるときはお腹も空かない。


水分だけ摂って
汗をしっかりとかいた。



昔から風邪を引いたら
「栄養を取らないと!」
「薬と飲むために食べないと!」


と食欲もないのに
無理に食べたっけ。


でも、そのときは食べなかった。


夕方になり、少しお腹が動き出し
少しなら食べたい気がした。


サルにも付き合ってもらい
うどんを少し。


そしてまた寝た。


翌日もまだ37度台の熱があった。


朝も抜き 昼も抜いた。


汗もいっぱいかいた。


よく眠れた。


夕方になりようやく本当にお腹が空いてきた。


すると熱も下がってた。


「もう大丈夫!」


そんな気がして起き上がる。


優しいものを簡単に作り
少しずつ食べる。


うん、美味しい!


翌日からすっかり元気になり
なんだったんだろう?
という感じだった。


その後は一度も熱がどころか
風邪もひかなくなった。


その時感じたのは


お腹が空かなければ
食べなくても ちゃんと身体は元気になってくれるってこと。


体調の悪いときは無理して食べなくていいって実感した。


先生曰く


「そういうときのエネルギーはちゃんと肝臓が蓄えてくれてます」

だそうだ。


肝臓さん、おそるべし!



その時の発熱はまるで
今まで苦しかった内臓が
「苦しかったんだよ!」
って意思表示したような
そんな感じだった。



これからは胃腸の声をちゃんと聴こう。


そう誓った。


【つづく】


とら


※熊本県で被害に合われた方々が1日も早く安心できる毎日が来ますように。。。。



↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バカ夫婦人気記事

愛犬シロの闘病記最古記事>>
※記事一番下のBACKまたはPREVをクリックして頂けますと、古い記事から順番に読めます。
(ブログの設定上順番が逆になっています)

人生の冒険最古記事>>
※一番下までスクロールしてからお読みください。
BACKまたはPREVをクリックで続きが表示されます。

最新コメント

[04/26 とら]
[04/25 みちこ]
[03/25 とら]
[10/11 とら]
[10/10 みちこ]

プロフィール

HN:
とらちゃん&サル
性別:
非公開
自己紹介:
とらちゃん♀&サル♂です。
旅にバイク 人生を楽しく生きることをやめずにいるバカ夫婦。

出会いや別れ 失敗や成功
嬉しいことや 悲しいこと
 
いろんなことに日々向き合って
結局は「楽しく」生きていきたいな。

バカ夫婦ブログに訪問して頂きありがとうございます♪

とら&サル
Copyright ©  -- バカ夫婦。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]