忍者ブログ

バカ夫婦。

とらちゃんとサル。 バカ夫婦歴22年。 何年経っても仲良しで冒険好きな夫婦です。 そんな人生の旅の途中。 出会いや別れの中で気付いたこと、思ったことなどを綴っています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ついに悪化

シロが余命宣告を受けてから ついに8ヶ月が経った。
余命を4倍近くも超えてシロは生きている。
楽しいことだけをして・・・。


そんなシロも先週から体調を崩した。

ついに鼻が完全に詰まってしまったようだ。
口でうまく息ができないのか、ここ数日は眠れていない。

眠くて眠くて我慢できずに寝ようとすると 息が止まる。
苦しくて 「プハ~プハ~ッ」と大きく荒い息をする。

その姿があまりに痛々しく苦しかった。

眠りたい。
眠りたいのに苦しくて眠れない。

それはどんなに残酷なことだろう。

食う
寝る
遊ぶ

というシロの大好きだったこと

「寝る」ことができない。

自然に体力が弱ってきて、散歩も元気がなくなった。
出血も増えて 
食べ物が喉にひっかかるようになってきた。

食べること
寝ること
遊ぶこと は

すべてがバランスよくあるのだと思った。

何かがうまくできないと
一気に身体は弱る。
これはシロに限ったことではない。


シロの元気オーラが消えた。
シロらしさが消えた。

今は呼吸をすることに必死だ。
体が酸素を求めているのだ。


私は何もしてあげられないのか。

夜中に苦しそうなシロに声をかける。

でも、何もしてあげられない。

「眠らせてあげたい。
苦しいのなら、永遠にでもいい・・・」

そう思った。

あっというまに涙が溢れてきた。
もう覚悟はしているはずなのに・・・

すると、シロは
「泣かないで」というように
お腹を見せる。

眠れないくせに
しんどいくせに
本当に優しいシロ。

私はシロに何ができる?
苦しみをとってあげることができるかな?


先生に頼んで睡眠薬を処方してもらった。
強制的に眠らせてあげるものだけれど
呼吸がうまくいかなかったら
そのまま永遠に眠ってしまう可能性がある。

まだ使えずにいるけれど
もう生きていることが苦しいのなら
安らかに眠らせてあげたい・・・・

鼻腔内腫瘍の最期は飼い主には相当辛いらしい。
それは放射線治療をしてもしなくても同じこと と先生は言っていた。

きっと最期は近い。

怖いけれど
正直今のシロを見ていると 私まで参ってしまいそうになる。


大好きだから楽にしてあげたいけれど
大好きだからやっぱり一緒にいたい・・・
だから 苦しい。


弱い飼い主でごめんね。

とら


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村


PR

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バカ夫婦人気記事

愛犬シロの闘病記最古記事>>
※記事一番下のBACKまたはPREVをクリックして頂けますと、古い記事から順番に読めます。
(ブログの設定上順番が逆になっています)

人生の冒険最古記事>>
※一番下までスクロールしてからお読みください。
BACKまたはPREVをクリックで続きが表示されます。

最新コメント

[04/26 とら]
[04/25 みちこ]
[03/25 とら]
[10/11 とら]
[10/10 みちこ]

プロフィール

HN:
とらちゃん&サル
性別:
非公開
自己紹介:
とらちゃん♀&サル♂です。
旅にバイク 人生を楽しく生きることをやめずにいるバカ夫婦。

出会いや別れ 失敗や成功
嬉しいことや 悲しいこと
 
いろんなことに日々向き合って
結局は「楽しく」生きていきたいな。

バカ夫婦ブログに訪問して頂きありがとうございます♪

とら&サル
Copyright ©  -- バカ夫婦。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]