忍者ブログ

バカ夫婦。

とらちゃんとサル。 バカ夫婦歴22年。 何年経っても仲良しで冒険好きな夫婦です。 そんな人生の旅の途中。 出会いや別れの中で気付いたこと、思ったことなどを綴っています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シロの寝息

もっと笑えるブログにしたかったのだけれど
どうしてもシロの話を書いてしまう。

ここに書くことによって
自分自身、気持ちを消化しているのかもしれない。

昨日の夕方、相変わらず うまく息をできずにいるシロがウトウトとしていた。

すると突然
「キャン」と言って立ち上がり、バタっと座り込んだ。
どうやら後ろ足がいうことをきかないみたいだった。

びっくりして駆け寄る私に
「大丈夫だよ」とばかりに手をなめてくれるシロ。

私が慰められている場合じゃないのに。



ついに癌が脳に入り込んだのか
表情もうつろで とにかく呼吸が速い。

足がおぼつかないのに シロは落ち着かないようで
歩こうとしてはフラフラとする。


慌てて帰ってきたサル(主人)に
少し耳を後ろにするシロ。

まだわかるんだ・・って嬉しかった。


シロにあげようと思っていたアイスが残っていたことを思い出して
3人でローカに座って食べた。

こんな状態でも食欲はやっぱりあるらしく(笑)
必死でアイスをなめる。

こんなシロを見るからまだまだ希望を持ってしまうんだ。

泣きながら食べるアイスはちょっとしょっぱくて
でも、こんな風に3人で食べれることが嬉しくて
この瞬間を大切にしたいと思った。


苦しそうなシロを見て
楽にしてあげたいと思う気持ちはもちろんあるけれど

いざその場になると
シロがいなくなる恐怖がこみ上げてきた。

いかないで・・・って思った。


いつも義務のように行く散歩も昨夜は行かなかった。
散歩の紐をかけようとすると
嫌そうに 逃げた。


ひとつひとつ
今まで喜んでやっていたことができなくなってくる。

紐をぐいぐい引っ張る遊びも
庭での追いかけっこも
車でのドライブも
匂いをかぐことも
骨ガムを埋めることも

そして散歩も???

涙がとまらなかった。



でも、最後に残った 「食べること」 がある限り
シロを喜ばせることはできる。

それが今のシロとのコミニュケーションだ。


そして夜。
眠るのが怖かったけれど
不思議と静かな夜で
あまりに静かで不安になって目が覚めたら

シロはスースーと眠っていた・・・・!!

神様ありがとう・・・!
シロが眠っている。

起こさないように
足音をたてないように
朝の用意をする。

シロの寝息が
こんなにも嬉しいなんて

当たり前のことが
こんなにも有難いなんて

シロが病気にならなかったら
きっと感謝できなかったこと。

シロが教えてくれた。
ありがとう、シロ。


今日も生きていてくれてありがとう。


とら

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村


PR

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バカ夫婦人気記事

愛犬シロの闘病記最古記事>>
※記事一番下のBACKまたはPREVをクリックして頂けますと、古い記事から順番に読めます。
(ブログの設定上順番が逆になっています)

人生の冒険最古記事>>
※一番下までスクロールしてからお読みください。
BACKまたはPREVをクリックで続きが表示されます。

最新コメント

[04/26 とら]
[04/25 みちこ]
[03/25 とら]
[10/11 とら]
[10/10 みちこ]

プロフィール

HN:
とらちゃん&サル
性別:
非公開
自己紹介:
とらちゃん♀&サル♂です。
旅にバイク 人生を楽しく生きることをやめずにいるバカ夫婦。

出会いや別れ 失敗や成功
嬉しいことや 悲しいこと
 
いろんなことに日々向き合って
結局は「楽しく」生きていきたいな。

バカ夫婦ブログに訪問して頂きありがとうございます♪

とら&サル
Copyright ©  -- バカ夫婦。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]