忍者ブログ

バカ夫婦。

とらちゃんとサル。 バカ夫婦歴22年。 何年経っても仲良しで冒険好きな夫婦です。 そんな人生の旅の途中。 出会いや別れの中で気付いたこと、思ったことなどを綴っています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「覚悟」

続き・・・

2010年、新年を迎えて、私達は「覚悟」をした。

先生が10月に「あと2、3ヶ月でしょう」と言ったのだから
それなら1月の後半くらいになる。

「覚悟」といっても、カッコイイもんじゃなく
シロの出血が増えたらすぐにオロオロしていた。

シロのくしゃみで目が覚め、夢にはいつもシロが出てきた。

少し神経質になっているのかもしれない。

でも、脳に転移したら、数日で命をなくすかもしれないシロのことを思うと
頭と心の中はシロでいっぱいになった。

目が見えなくなるのか
鼻が利かなくなるのか
記憶がなくなるのか
性格が変わるのか
食べられなくなるのか
眠れなくなるのか
息ができなくなるのか

転移する場所によって症状は違うらしい。


実際出血は増えた。

しっぽで鼻を押さえて寝ているシロ。
そのしっぽは血で真っ赤だった。

寝床にも、壁にも血がいっぱい付くようになった。

どうなる・・・??
正直怖い。


でも、そんな心配はよそにシロの食欲は相変わらずで
鼻血で赤くなった鼻をすりよせて
ひざにあごを乗せてくる。

「おかし頂戴♪」
目はキラキラしている。

散歩も大好きで、力いっぱい歩く。
北風の日も
雪の日も

ぐいぐいと引っ張って
「行こうよ 行こうよ♪」
シロは元気だった。

いつの間にか「その日」は過ぎた。

これからは、もらった命だと思うことにした。

神様、ありがとう・・・・!!


シロ本人は、余命なんて知る由もなく
「鼻腔内腫瘍」だなんて病名も知らない。

「なんで鼻血が出るんだろう?」
申し訳なさそうに、寝床に着いた血を舐める。

その姿が けなげで、涙が溢れた。


鼻血以外はまったく問題なく、どう見ても健康な犬だった。

癌だけど、きっとシロは健康だと思った。

ツヤツヤの白い毛
しっかりした筋肉
生命観溢れる目
力強い走り

どれをとっても癌患者どころか、老犬にも見えなかった。

実際、散歩をしていると
「2,3歳?」とか「5歳くらい?」と聞かれる(笑)

10歳近くもサバがよめるなんてシロは凄い(羨ましい)

そんな風に元気でいてくれることが本当に有難いと思った。

このまま寿命まで生きてくれるかもしれない・・・

サルと私はそんなふうに、思い始めていた。

続く・・・・


とら

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村


PR

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バカ夫婦人気記事

愛犬シロの闘病記最古記事>>
※記事一番下のBACKまたはPREVをクリックして頂けますと、古い記事から順番に読めます。
(ブログの設定上順番が逆になっています)

人生の冒険最古記事>>
※一番下までスクロールしてからお読みください。
BACKまたはPREVをクリックで続きが表示されます。

最新コメント

[04/26 とら]
[04/25 みちこ]
[03/25 とら]
[10/11 とら]
[10/10 みちこ]

プロフィール

HN:
とらちゃん&サル
性別:
非公開
自己紹介:
とらちゃん♀&サル♂です。
旅にバイク 人生を楽しく生きることをやめずにいるバカ夫婦。

出会いや別れ 失敗や成功
嬉しいことや 悲しいこと
 
いろんなことに日々向き合って
結局は「楽しく」生きていきたいな。

バカ夫婦ブログに訪問して頂きありがとうございます♪

とら&サル
Copyright ©  -- バカ夫婦。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]