忍者ブログ

バカ夫婦。

とらちゃんとサル。 バカ夫婦歴22年。 何年経っても仲良しで冒険好きな夫婦です。 そんな人生の旅の途中。 出会いや別れの中で気付いたこと、思ったことなどを綴っています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

負け犬

前回のつづき】

泣いて泣いて 泣き疲れて

絶望の中にいた。


どちらからともなく

「美味しい物でも食べに行こう」ということになって


近所のステーキハウスに行った。


美味しい物=肉 という安直な考え(笑)



けれど、これが案外効果があって


美味しいものを二人で食べていると


絶望のほうを向いていた心の目が


少しずつ開いてきて また、前に向かって歩いていけることがよくある。


食事というのは 単に 空腹を満たすものでもなく 
栄養を摂るだけのものでもないんだなと

改めて実感する。




鉄板の上でジュ~っと焼かれたステーキ。


いい香りと音で癒される。


しばらくは お互い さっきのことには触れず


「おいしいね」と言って 味わっていた。



やがて 本題へと入っていく・・・


そして 私たちは決めた。



『本土へ帰ろう』



ずっと 帰ることは「負けること」と思っていた。


あれだけの思いをして来たのに 尻尾を巻いて逃げ帰るように見られるのは恥ずかしかった。



だけど、 今のままでは何も変わらないとわかっていた。


先に進むためには いったん戻らなきゃいけないときがあるのかもしれない。


というより、それは戻っているんじゃなくて きっと進んでるんだ。



進むために 帰る。


周りに 『負け犬』と思われてもいい。


ううん、むしろ 負け犬でいい。



今、意地を張って このままを選んだら もっともっと年を取ってしまう。


『今 この時』 がこれからの人生で 一番若いんだから。




いろんな場所から 「帰ろう」とサインが出てるようだった。



ホントは少し前から わかっていた。


だけど気付かないふりをした。



でも、 気付かないふりをしたって 時間は進む。


 
それがようやくわかったのかもしれない。


それをようやく認めることができたのかもしれない。



それは本当に勇気のいることだった。


言ってみれば 沖縄に来るときより ずっとずっと 勇気がいった。



負け犬になってやろう。
勝つために。


そう思った。


今思えば 勝つとか負けるとか
そんなことは全然意味のないことだったんだけど 


まだ今より少し若かった私たちは
そんな風に思っていた。


それが 精一杯だったんだと思う。


「笑い者になりに帰ろう」


そう決めるだけで 精一杯だったんだと思う。


【つづく】


とら

↓ クリックで応援してくれると嬉しいです♪ byとら

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バカ夫婦人気記事

愛犬シロの闘病記最古記事>>
※記事一番下のBACKまたはPREVをクリックして頂けますと、古い記事から順番に読めます。
(ブログの設定上順番が逆になっています)

人生の冒険最古記事>>
※一番下までスクロールしてからお読みください。
BACKまたはPREVをクリックで続きが表示されます。

最新コメント

[04/26 とら]
[04/25 みちこ]
[03/25 とら]
[10/11 とら]
[10/10 みちこ]

プロフィール

HN:
とらちゃん&サル
性別:
非公開
自己紹介:
とらちゃん♀&サル♂です。
旅にバイク 人生を楽しく生きることをやめずにいるバカ夫婦。

出会いや別れ 失敗や成功
嬉しいことや 悲しいこと
 
いろんなことに日々向き合って
結局は「楽しく」生きていきたいな。

バカ夫婦ブログに訪問して頂きありがとうございます♪

とら&サル
Copyright ©  -- バカ夫婦。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]