忍者ブログ

バカ夫婦。

とらちゃんとサル。 バカ夫婦歴22年。 何年経っても仲良しで冒険好きな夫婦です。 そんな人生の旅の途中。 出会いや別れの中で気付いたこと、思ったことなどを綴っています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人生の冒険~疲労に負ける

前回のつづき】

7月の沖縄。夏真っ盛り。

相変わらず 毎日大量の汗をかきながらバイトに行っていた。



その頃、サルとは別々の寝室で寝るようになっていた。


一緒にいるほうが寂しくて 苦しかったから 私が言いだしたことだったと思う。


女はよく「思っていないこと」を口に出してしまうことがある。


このあたりが女のややこしいところだった。


私も、わかってはいるんだけれど ついつい言ってしまう。


こんな私でもやっぱり女性なんだと思い知らされる。




思えばこれがよくなかった。


悪くなるときはどんどん悪くなるもので、離婚話まで持ち上がることもあった。



でも、ある日、なぜだったかは忘れたけれど
また一緒の寝室で寝ることになった。


何が変わったわけじゃないけれど
二人の間の空気が変わっていくのを感じた。



一緒の部屋で寝る。
ただ、眠るだけなのに


こんなことで人との距離は変わるのかもしれない。


たしかに、寮生活などで、一緒にご飯を食べ 一緒に寝ていると
とても近い存在になることがある。


寝るという無防備な時間を共に過ごすことは
もしかしたらとても深い関係を作るのかもしれなかった。



少しずつ 少しずつ 二人の距離が縮まっていった。


話すときの顔が変わり 
一緒に過ごす時間が増え
二人の間の空気が柔らかくなっていく。


この前までの凍った空気が嘘みたいに感じていた。


生きている感覚が甦る・・・!



バイトも頑張るぞ!と意気込んでいたんだけれど


あまりの暑さと疲労で ついに身体のほうがまいってしまった。



唇ヘルペスができて、熱がある。


病院に行くと 「疲労です」と言われた。


慣れない沖縄の暑さや 新しい人間関係 サルとのことが
一気に身体に出たようだった。



今思えば、バイト中の水分が完全に不足していた。


いつのまにか 軽い脱水を起こしていた。



私はあまり身体が丈夫ではない。


でも、この時はもっと頑張りたかった。


もしかして、自分をいじめたかったのかもしれない。


バイト友達が「一緒に辞めよう」と言ってきた。


こんなかたちで辞めるのは悔しかったんだけれど 
熱が下がらない自分の身体に限界を感じて
辞めることにした。


自分が無力に感じた。

いや、実際に無力だった。




とにかくまずは身体を休めよう。


そう思うしかなかった。


【つづく】


とら

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バカ夫婦人気記事

愛犬シロの闘病記最古記事>>
※記事一番下のBACKまたはPREVをクリックして頂けますと、古い記事から順番に読めます。
(ブログの設定上順番が逆になっています)

人生の冒険最古記事>>
※一番下までスクロールしてからお読みください。
BACKまたはPREVをクリックで続きが表示されます。

最新コメント

[04/26 とら]
[04/25 みちこ]
[03/25 とら]
[10/11 とら]
[10/10 みちこ]

プロフィール

HN:
とらちゃん&サル
性別:
非公開
自己紹介:
とらちゃん♀&サル♂です。
旅にバイク 人生を楽しく生きることをやめずにいるバカ夫婦。

出会いや別れ 失敗や成功
嬉しいことや 悲しいこと
 
いろんなことに日々向き合って
結局は「楽しく」生きていきたいな。

バカ夫婦ブログに訪問して頂きありがとうございます♪

とら&サル
Copyright ©  -- バカ夫婦。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]