忍者ブログ

バカ夫婦。

とらちゃんとサル。 バカ夫婦歴22年。 何年経っても仲良しで冒険好きな夫婦です。 そんな人生の旅の途中。 出会いや別れの中で気付いたこと、思ったことなどを綴っています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

将来の種~流産の後の二人

前回のつづき】

マイホームを買った後に
流産と子宮外妊娠・・・。

順調?に感じていた結婚生活が一気に狂いだした気がした。


だから引っ越しをしたのかもしれない。


今のこの場所から逃げ出したかったのかもしれない。


いろんな意味内向的になった。


友達に会うのが大好きだったのに
何だか苦痛に感じることが多くなった。


自分に自信が持てず
すぐに落ち込んでいた。


当然サルにも心配をかけて


それが嫌でよけいにイライラした。


自分のことが嫌いになりそうだった。


女性は子供を持って一人前


そういう世間の風当たりが苦痛だった。


もちろん幸せなことも多いんだけど


まだまだ若い私には
周りがどうしても基準になった。


周りの目が気になって仕方がなかった。


そんな自分が嫌で
苦しんで
もがいていたんだと思う。


そんな時だったから
引っ越しは環境を変える良い機会だった。



マイホームから古くて狭い家への引っ越しは
正直悲しかったけど


「またここからスタートしよう。」


そう思わせてくれた。


新しい環境では
私が子供を失ったことを知る人はいないし


知り合いもいない。


生まれ変われた気がした。


だからどんどん新しいことをしたいと思った。


子どもがいたらできなかったことをしよう!


そう思った。


そうやって 子供を失った穴を埋めていたんだと思う。



当たり前に子どもを持てている
周りの人たちに勝ちたかったのかもしれない。


というより
子どもを失った自分を正当化したかったんだろうな。


そんなの、何の役にも立たないのにね。


でも、そうやって生きるしかその時の私にはできなかった。



サルも
新しい環境や職場に慣れることに必死で


とにかくがむしゃらに生きていた当時の二人。


あの時は苦しかったけれど


その苦しみの中で
必死に楽しいことを探して
二人で生きていたこと



それがいつの間にか夫婦のスタイルになっていたんだと思う。


知り合いがいない場所での生活は
お互いしかいない。


ある意味孤独な二人だったから
お互いを支えあうようになったのかもしれない。


だから、あれもやっぱり良かったのかなって今は思う。


その時の種が
どんな花を咲かせ実を付けるのかなんて
わからない。


だから面白いんだけど


その時の私たちは
ただただがむしゃらで


必死で生きていたと思う。


その時が将来の花の種だなんて知らずに。




【つづく】



とら

↓いつもクリック応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by ダックス
  • 2014/06/17(Tue)14:43
  • Edit
とら様&サル様、こんにちわ。

世の中、ごく当たり前で普通と思われる事が出来ない(出来なかった)人たちも多くいらっしゃいますね。
私はそのごく当たり前の普通が出来なかった人の中の1人です。いまはその中で生きて行くしか無い歳になってしまいました。
そんな生活の中でも少しでも笑っていられるように、お互いに相方を大切にしましょう。

ダックス様

  • by とら
  • 2014/06/17(Tue)15:24
  • Edit
ダックス様

こんにちは!コメントありがとうございます♪

当たり前のことって本当はないんでしょうけど

当たり前とされていることから外れてしまったときというのは本当に辛いものでした。

ダックスさんもいろいろと乗り越えてこられてるんですね。

お互い、当たり前から出ている自由を満喫しましょう(笑)

そして相方を大切にですよね♪


とら

初めまして。

  • by ゆっき~
  • 2014/06/19(Thu)19:44
  • Edit
「シロ」くんのところからお邪魔させてもらいました。m(_ _)m

我が家の愛犬「吟」も半月ほど前に「腺癌」が判明しました。

「腺癌」についてもっと理解したいと調べていた時にこのページを見つけ拝見させてもらいました。

実は以前飼っていた猫の一匹も腺癌で亡くしているので少しだけは覚悟はできているのですが。。。

その子はシロくんと同じく「外に出る」タイプで鼻が腫れ、鼻血が出、目が腫れ。。。でしたが痛み止めの薬だけで半年ほど頑張ってくれました。
息苦しさ意外は特に苦しむ事なく、ただただ衰弱していって眠るよぉに旅立ちました。

吟に対してもその覚悟をしていたのですが
既に鼻の骨が少し溶けて脳への壁となってる骨までも少し溶け始めています。
脳に影響が出る「中に進行」タイプです。

コレから向かい合う「痙攣」

とらサンの話を参考にして精一杯向かい合っていきたいと思っています。

思ってはいるのですが、正直既に時折折れてしまいます。

アタシは今40歳です。
結婚は遅く2年前です。

とらサンの言う「フツー」を求め
今も不妊治療に通っています。

去年の夏に病院の転院を機に少し治療をお休みした時に心が開放されたのか赤ちゃんを授かりました。

初めて「赤ちゃんの袋」を見て
次の週には「心拍」を確認しました。

そして次の週の診察日より前に、お腹にイヤな傷みがあり

8周目で初めての我が子とお別れしました。

その後、体の調子を整え人口受精を試みるも願い叶わず、この度体外受精を試みる事にしたのですが。。。

日本は「少子化」を問題視するも不妊治療には優しくなく

「体外受精」からは全て実費
助成金はあるものの気持ち程度。

前回から実費治療で
お会計の時に現実を突き付けられる。

処方される薬も実費。

ただでさえ高額の不妊治療で申し訳ない気持ちを持っていたところにリアルな金額。

そして「吟」の癌宣告。

思わず
「どぉせ子供なんて出来ないのにこんなに自分にお金を使って!!」
「そのお金、吟に使うべきだろ!!」
と、自分を責めてしまいます。

治療は旦那サンも賛成してくれて始めてる事

辛い時の愚痴や泣き言も受け止めてくれます。

でも、ここに吟の「不治の病」

吟はもうすぐ9歳です。
旦那サンより長くいます。

旦那サンも大事にしてくれていて
「自分たちできる精一杯の事をしてやろう」と

吟はまだ鼻から膿みたいな鼻水が出ているだけで、食欲もあり元気もあるので「放射線治療」を選択しました。

いつも頑張ってくれる吟を見ていると
自分の事は後回しにしたいとも思うのですが
「年齢」がその気持ちを邪魔します。

「後悔なく」したいので今は両方頑張って行くつもりでいますが。。。


すみません長くなりました。

とらサンのブログを読んで「わかってくれる人」に話を聞いて欲しくなりコメントさせてもらっちゃいました。スミマセン。

ゆっき~様

  • by とら
  • 2014/06/20(Fri)11:02
  • Edit
初めまして!とらです。

ブログをお読み頂きありがとうございます。

コメント何度も読み返させて頂きました。

ゆっき~さんの今のいろんな思いが伝わってきました。

女性にはどうしても年齢のことがありますよね・・・

おまけに、不妊治療は本当に金銭的にも精神的にも大変なことだと思います。

友人も不妊治療を行っていたのですが、本当に大変なようでした。

私は、その「大変」に向かわずに子なし人生を選んだので、エラそうなことは言えませんが

ゆっき~さんの今のいっぱいいっぱいの気持ちが
少しでも楽になる方法があればいいなぁと感じています。

旦那様が大変理解ある方のようで、とても素敵なご夫婦ですね!

私が以前不妊治療を少し始めた時は
夫婦がギクシャクしましたよ・・・(^_^;)



吟ちゃんのことも、本当にお辛いと思います。

この先のことを考えると本当に不安だし
葛藤ばかりだと思います。


でも、きっと吟ちゃんへの愛情が
ゆっき~さんの気持ちを柔らかくしてくれて
それが良い結果に導いてくれたらいいなと思っています。

だから

吟ちゃんのためにも
旦那様のためにも
ゆっき~さん自身のためにも

ゆっき~さんが後回しなんて絶対にダメです・・・!!
(エラソーにすみません(^_^;))


吟ちゃんは絶対にゆっき~さんが幸せでいてほしいと思っているはずだし

旦那様もゆっき~さんと笑顔で人生を共にしたいと思って結婚されたんだと思います。


二人とも、ゆっき~さんが大好きだと思いますので
安心して ゆっき~さんの一番やりたいようにされるといいと思います・・・!!!

まぁ、どれも「一番」なので難しいと思うのですが

とにかく自分を責めるのは絶対に違うと思います。


女性の年齢のプレッシャーは相当なものです。

子供を持ちたい気持ちだって当然だと思います。

吟ちゃんのこと、何とかしてあげたい気持ちもよくわかります。

金銭的に大変なことが、いろんな罪悪感や迷いを伴うことも・・・・・

だから自分を責めないでくださいね。

そして、ゆっき~さんが少しでもリラックスできて
楽しくなれるといいなと思います。

こちらこそ、長くなってしまいました。

うまく言えませんでしたが
いろいろ話して頂いてありがとうございました。


ゆっき~さんの想い痛いほどわかりました。


だから思います。

「ゆっき~さん自身の気持ち」を大事にしていってくださいね。

何もかも頑張り過ぎないように
お身体と気持ちを大事にしてくださいね。


とら

お返事ありがとうございます。

  • by ゆっき~
  • 2014/06/21(Sat)11:06
  • Edit
とらサン
優しい沢山の言葉ありがとうございます(T-T)

ウチの旦那サン
この歳まで待って良かった!!ってくらい優しいです
(↑待ってたと言うより「気が付けば」ですが(笑)

なので甘え過ぎないよぉに。。。と

思わなくてもいいのでしょうが。。。f(^_^;

お嫁さんにしてもらえただけでも幸せなのに
欲張りすぎなのかなぁ。。。とも思ってしまいます

いずれ旦那サンの実家近くに引っ越すのですが
子宝に恵まれた兄夫婦、従弟夫婦の側で暮らしていくのも覚悟がいるな!!と(^-^;

赤ちゃんが産まれた友達に心から「おめでとう」が言えなかったり、身内の子供達に会いたくなくていつもかける声をかけなかったり。。。

そんな自分が嫌でもあるのですが
「しょうがないぢゃん」て自分を甘やかしてます

実は甲状腺の病も患ってまして、
昨日、検査で数値が思わしくなく
採卵はしても大丈夫だけどお腹に戻すのは2.3カ月待った方がいいと言われまして。。。

普通ならショックでもあるのですが
吟の事もあるので今はちょうど良かったと
プラスに考える事ができました。

後、「とらサン」の存在ですね。

理解してくれる。心底気持ちをわかってくれる人と話ができた事がアタシの救いになりました。

吟も今はまだ元気
だから今は先の事を考え曇った顔をするより
「元気な吟」と精一杯すごそう!!

「その時」がくるまでは
アタシの得意技「なんとかなるさ」でいいかな!?って

少しかもしれないけど
顔が上を向いてる気がします

誰もが陥るであろう「なんでアタシだけ」の時期は乗り越えられてるので

後は顔の角度が上がるよう、
半歩が一歩になるよう頑張っていきたいですね。

勿論とらサンがくれた
「自分の気持ちを大事に」は忘れずに。

吟の病がなければ
出会う事のなかっ「とらサン」
シロくんと吟に感謝です。

ゆっき~様

  • by とら
  • 2014/06/21(Sat)15:43
  • Edit
ゆっき~さん、こんにちは!

そんな風に言って頂き私のほうこそ嬉しいです。
私もまだまだ・・失敗したり 落ち込んだり
不安になることも多々あります(^_^;)

少しでもお力になれたならとっても嬉しいです・・・!!

シロと吟ちゃんが巡りあわせてくれたのかもしれません・・・!!

二人に感謝ですね・・・!


吟ちゃん、今はお元気とのこと。(良かったです)

病気はとても悲しいけれど
私はシロの病気があったからこそ
シロと深い時間を過ごせたんだと今は思っています。

シロから教えられることたくさんありました。

今、そしてこれからの吟ちゃんが
きっとゆっき~さんの支えになってくれると思います!!

深い時間を過ごしてくださいね。

赤ちゃんのことも
兄弟や親せき、友達・・・といろんなところで
いろんなこと思いますよね(>_<)


時には無神経なことを言われたりもします・・・。


でも。
ゆっき~さんはな~んにも悪くないんです!

堂々としていてくださいね♪

それよりも優しい旦那様といつまでも仲良くして

それを自信にしていってください♪♪


女の価値は出産だけじゃないって
私は思います。(まぁ未経験の私には強がりになるかもですが)


でも、強がりもおおいに結構(笑)

いつか本物になるかもしれませんしね♪

そして、ゆっき~さんがママになれたなら
きっととっても素敵なママになるだろうなと思っています。


どちらにしても
私はゆっき~さんの幸せを応援します♪

追伸:ゆっき~さんのお身体も心配です・・・
   お大事にしてくださいね。


とら

こんにちわ♪

  • by ゆっき~
  • 2014/06/23(Mon)10:36
  • Edit
とらサン こんにちわ

いつもありがとぉございます♡

不妊治療。。。

大変ですが
とらサン夫婦の出した「決断」辛かったと思います

決して大変な事に向かわなかった訳ではなく
苦渋の決断をされ、もっと苦しんだと思います

不妊治療は大変かもしれませんが
少なくとも一応「希望」をもっている分まだいいです。

子供を諦める事

しかも自分たちでその決断を下す

どんなに辛いことか。。。


アタシもその事は頭において治療に向かってます。

でも、その事を考えると

どぉしたら諦めれる!?
親戚、親戚の子供たちと今までのよぉに接する事ができるのか。。。
毎年人数分行われる子供たちの誕生日会にこれからも笑顔で参加できるのか。。。

考えただけで苦しくなります

誰よりも辛い経験をされ
今もなお辛さと向かい合いながら
でも
一歩ずつ「自分たちの幸せ」に向かって歩を進めてるとらサン夫婦は素敵だと思います

ぜんぜん「エラソーな事」言える立場ですよ!!

そんなとらサンだから
ホントに思いやりのある優しい言葉
前を向け、支えになる頼もしい言葉が出せるんですよ!!

なんか、ホントにありがとぉございます!!

我が家は現在
犬は吟、後、7匹の猫と暮らしています。

既にけっこうな子宝に恵まれています(笑)


「赤ちゃんの横で添い寝する吟の姿」

凄く夢見ていました。


今、吟は放射線治療のおかげか
鼻づまりはあるものの鼻水は出ず、時には鼻呼吸で寝れています。

だから今は
猫たちと一緒に寝てる「ほんわかショット」で
十分満足だと思っています。

とらサン達のよぉに
吟との「今」を精一杯大事にしてきけたら。。。と

色んな意味でも「今」を大事にできたら
きっと未来は「笑顔」だと思えるよぉになりました。

とカッコいい事言いつつ
きっと何度もオチルんでしょうけどね(笑)

吟はこれから
週一で6回の放射線治療を行います。

吟にも負担をかけてしまいますが
コレが「今の吟」に対して出した自分たちの答え

鼻の細胞を採って以来
診察台に乗るのを嫌がるよぉになってしまって
可哀想なんですが
少しでも一緒にいられる日が続くよう
今は吟にも頑張ってもらおうと思いますp(^^)q

明後日が2回目の放射線治療

片道1時間半かかりますが
ドライブは好きなので
週ーのドライブを楽しんできます♪


なんだか
チグハグな文面になってしまってスミマセン(-_-;)


とらサン達の
毎日の踏み出す一歩が春色でありますよぉに♡


ゆっき~様

  • by とら
  • 2014/06/23(Mon)16:27
  • Edit
ゆっき~さん、こんにちは♪
こちらこそ、いつもコメントありがとうございます!

おまけに良いように言って頂き何だか照れました(^_^;)

実のところ、辛かったこともあったのですが
いざ諦めるという時期になったときには
不思議なことなんですが

「諦めたくなる」ような出来事が起こったり

「子供ができたらどうしよう~」と思ったり(笑)

あれほど母親になることを夢見ていたのに

自然に 「今の感じがいい!!」と思うようになったんですよ。


だから、今もスッキリとしていて
友達や親戚の子供を見ても
昔のような感情はまったくなくなり楽になりました。

昔は自分のことを「子供好き」だと思っていたのですが

今は苦手だと思っています(^_^;)

不思議ですね。


きっと「諦めたくない」うちは
無理に諦めなくていいのかもしれませんね。


ゆっき~さんも

「諦めたくない」なら諦めないでください♪

お誕生日会などももし苦痛なら

「うち、子供いないから~」とか言って
欠席するとかは無理ですか?(笑)

できるならですが、苦痛なことは無理にしないほうが
身体や心のために良いと思います♪


そういう「付き合い」から出られるのも
子供がいない特権だと今は思っています。


子供がいると
どうしても「子供のために」付き合いを我慢しなきゃいけないところってたくさんあると思うので。


子なしにも良いところいっぱいあるので
それはそれで活用されると良いと思いますよ(^.^)

後、吟ちゃんの治療が順調のようで良かったです。

6回の治療、吟ちゃんにとってツライかもですが
治療後に今より良くなっていると信じて

吟ちゃんにもゆっき~さんにも頑張って欲しいなと思います。


7匹の猫ちゃんとはすごいですね!!!


猫ちゃんと吟ちゃんが一緒に寝ているなんて
想像しただけでかわいすぎです・・・!!!

いつまでもその寝顔が見れますように・・・!!


とら

こんにちわ♪

  • by ゆっき~
  • 2014/06/27(Fri)11:36
  • Edit
とらサン こんにちはー♪

旦那サンも「一緒に行きたい」って
都合がついたのが昨日だったので

昨日
吟と3人で岐阜の病院に行ってきました

状態は。。。
今のところ「変わらず」って感じです。

放射線が効いてくれてるのか
今も横で鼻呼吸でス~ス~寝ています。

今後の治療方針は
様子をみながら。。。とゆう事になりました。

今は
1日でも長く「ぐっすり」寝れる日が続く事を
願っています(*^^*)q


子供の事も
とらサンがくれた言葉に
「だよね~」って思えました(^-^)♪

今の「旦那サンとゆかいな仲間たち」との生活も
確かに充分幸せです♡

簡単に旅行に行けない。。。
なんて悩みはあるけど実は嬉しい悲鳴(笑)
「もぉ~」とか言いながら幸せ感じてます

「諦める」という決断をする時は
きっと辛いと思いますが

今はまだ諦めていないのだから
もぉ少し夢見ます!!

叶う可能性だって
ない訳ぢゃないんですもんね♪

実はは明日
いよいよ体外受精にむけて採卵します

でも、2.3ヶ月は戻せないので
正直緊張感は半分です(笑)

戻せる卵が育たなかったら
「スタートに戻る」ですが、

今はそこは考えずに
明日の採卵がすんだら

休憩タイムをゆったり満喫しようと思います♪



とらサンのおかげで
随分と心が楽になりました♡

とらサン
ホントにありがとぉございます!!

では明日
頑張ってきます!!

ゆっき~さん

  • by とら
  • 2014/06/27(Fri)17:45
  • Edit
ゆっき~さん、こんにちは!

吟ちゃん鼻呼吸、良い感じですね♪

本当に、その寝顔が続くといいなと思っています。


それから明日!

良い感じで採卵できるといいですね♪


叶う可能性大有りですよ!!


だって。


ちゃんとそのためのことをしてるんだから♪


やるべきことはちゃんとやっているんだから


後はきっとうまくいくと思いますよ♪


子供のある人生も素敵だし
子供のいない人生も素敵です。


どちらも素敵なのだから


きっと大丈夫!!

ってくらい気楽に考えて

臨んでくださいね♪


ゆっき~さんの元気な卵が取れますように!!


とら

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バカ夫婦人気記事

愛犬シロの闘病記最古記事>>
※記事一番下のBACKまたはPREVをクリックして頂けますと、古い記事から順番に読めます。
(ブログの設定上順番が逆になっています)

人生の冒険最古記事>>
※一番下までスクロールしてからお読みください。
BACKまたはPREVをクリックで続きが表示されます。

最新コメント

[04/26 とら]
[04/25 みちこ]
[03/25 とら]
[10/11 とら]
[10/10 みちこ]

プロフィール

HN:
とらちゃん&サル
性別:
非公開
自己紹介:
とらちゃん♀&サル♂です。
旅にバイク 人生を楽しく生きることをやめずにいるバカ夫婦。

出会いや別れ 失敗や成功
嬉しいことや 悲しいこと
 
いろんなことに日々向き合って
結局は「楽しく」生きていきたいな。

バカ夫婦ブログに訪問して頂きありがとうございます♪

とら&サル
Copyright ©  -- バカ夫婦。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]