忍者ブログ

バカ夫婦。

とらちゃんとサル。 バカ夫婦歴22年。 何年経っても仲良しで冒険好きな夫婦です。 そんな人生の旅の途中。 出会いや別れの中で気付いたこと、思ったことなどを綴っています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

葛藤と決意

またまた前回の続き。。。

シロの治療での葛藤が始まった。

シロはどうしたいんだろう?

私達はどうしたいんだろう?


10月終わりに病理検査の結果が届いた。

「鼻腔内腺癌」という「悪性腫瘍」とのことだった。


治療法は「放射線治療」

そのなかでも「積極的治療」だと週に3~5回放射線で治療するとのこと。

毎回全身麻酔が必要だからこれは相当の負担だ。
もちろん金銭的にもかなり大きい。(50万くらい・・)

この治療の目的は「腫瘍そのものを小さくすること」

でも、目標となる生存期間は1,2年とのこと。

それに伴うリスクはシロの身体の負担だ。

サルと私は迷った。

シロの身体に負担をかけて、後1,2年長生きすることって・・・どうなんだろう???

シロははたして長生きがしたいんだろうか?

もちろん、私達はシロが長生きして欲しいけれど・・・
それは元気に嬉しそうに走り回っているシロだからであって・・・・ここで考えが止まる。


それから「緩和的治療」というのは
時々放射線の治療をする方法で(数週間に一回くらい)
出血や痛みなどを緩和してくれるというもの。

原則として生存期間の延長は期待できないとのこと。
こちらも結構な費用がかかる(30万くらい)


そして、「対症療法」という
麻酔の危険を冒さず、お家でのんびり過ごさせてあげるという方法。

お薬を出してくれて、症状を緩和しながら、最期のときまで一緒に生活ができる。


シロの飼い主として、どれを選べばいいか・・
少しずつ、私達の気持ちは決まってきた。


まず、放射線治療で、半数の犬で約1年の延命があったということ。
これは1年の延命の確率が50%ということになる。

そして、放射線治療により腫瘍細胞がすべてなくなるということはないとのこと。

麻酔や放射線により、副作用等の体調不良が考えられること。


確実に腫瘍がなくならないのだとしたら
シロは腫瘍と共存していくということになる。

だったら、シロに抵抗力をつけてあげたい。
癌が負けるくらいの免疫を・・・

延命が確実じゃないのなら
残りの時間を喜ばせてあげたい。

車に乗るのが大好きなシロ。
車に乗って行く先は「怖いところ」じゃなく「楽しいところ」にしてあげたい。

シロの中に出来た癌細胞。
それもきっとシロの一部。
ちょっと悪さをしているけれど
シロがワクワクしていたら、きっと大人しくなってくれるかもしれない。

サルと私が出した結論は
「対症療法」だった。

間違ってるかもしれない。
でも正しい答えは「私達家族とシロが幸せで楽しくあること」
そう思うことにした。

シロが好きなことは

散歩
ごはん
おやつ
二人の笑顔
二人が撫でてくれること
車に乗って楽しいところに出かけること

後、2,3ヶ月の命だというのなら
そんな時間ばかりをシロにあげたい・・・!!

思えば、いつのまにか車に乗せてあげてなかった。
いつも「いい子」をいいことに 撫でる回数も減っていたかもしれない。
スナック菓子も身体に悪いからって我慢だったし

やってあげたいことはいっぱいいっぱいある。

心が決まったらスッキリした。
シロのために時間を使おう・・・・!

そうして癌との共存が始まった。

またまた次回に・・・・

とら

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村



↓グレインフリードッグフード
 『カナガン』ワンちゃんの健康のために

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

愛情一杯の家族

  • by mary jones
  • 2010/07/17(Sat)06:04
  • Edit
とらちゃんとサル様、そして大切なシロちゃん、
1日1日シロちゃんの容態を見守りながら、
つらい時間を過ごされているご様子、
大変こころに響きました。
神様は、きっと皆さんが心穏やかにシロちゃん中心に丁寧に暮らしていらっしゃる日々を守って下さると思っております。
とらちゃんとサルさんのコンディションがシロちゃんを支えることになりますから、どうぞお二方、
健康を大切になさってくださいね。
コメントを書かせていただきましたのはこれが始めてのことで、あまり自信がございません。
うまく送信できますとよいのですが。
何もして差し上げられないことがもどかしい思いですが、皆様の幸福、シロちゃんの安心、重ねてお祈り申し上げます。

mary jones様

  • by とらちゃん&サル
  • 2010/07/17 23:00
初めまして!とらです。
コメントありがとうございます!

実は、数ヶ月前からコメントは受取らないように設定しているので
すぐに反映されなかったと思います。
申し訳ございません・・・!!

こんなに暖かいコメントを頂き、サルと一緒にとても嬉しく読ませて頂きました!

ありがとうございます・・・!!

心の中を整頓するつもりで書いているブログを読んで頂き
そしてお時間をさいてまでコメントを頂き感謝感謝です!

きっと、シロにも届いていると思います。
シロは幸せ者です♪ありがとうございます!!

勇気づけられました

  • by jenny
  • 2010/07/17(Sat)22:32
  • Edit
はじめまして。先週の月曜日にシロちゃんと同じ病気の末期余命1ヶ月といわれたビーグルのチャッキーの飼い主です。
ショックで涙が止まりませんでしたが、このブログをみつけ たいへん勇気づけられました。
シロちゃんのように 奇跡の長生きが うちの子にも起こるとは 思いませんが、 一日一日を大切にしたいと思います。

jenny様

  • by とらちゃん&サル
  • 2010/07/17 23:32
初めまして!とらです。
コメントありがとうございます!!

自分本位なブログが何かのお役にたてたなら、とても光栄に思います。

チャッキーちゃんのご容態は大丈夫でしょうか・・・。
jennyさんのお気持ち・・・・・とてもよくわかります・・
私も最初は泣いてばかりでした。
(今も情けないですが・・・)

jennyさんとチャッキーちゃんのこれからの毎日が笑顔で過ごせますように。


シロは、本当に生きているのが不思議なくらいですが
それでも犬というのは私達が思うよりずっと強いと感じさせられる毎日です。

気の利いたことを言えずに申し訳ありませんが
同じ病気の飼い主同士 一緒に頑張っていきましょうね・・・!

暑さがこたえます

  • by mary jones
  • 2010/07/25(Sun)06:56
  • Edit
とらちゃん、サル様、そして本当に頑張っているシロちゃん、今年の夏は大変な暑さの為、疲れ果ててしまいますね。

看病は、1日中緊張が続き消耗するものですから、
皆さんの体力心配されます。

シロちゃんの恐怖を一番避けるべきこととして
シロちゃんの体調を直視し、
シロちゃんに寄り添って、
これ以上幸福な家族はおりませんね。

積極的な治療をなさらないという方針も
私は正しいと思っております。

少しでも長く一緒に暮らして欲しいと思うのは当然ですが、完治を望めない放射線治療を施す際、
飼い主だけが経済的な困難さや心労を全面的に
引き受けるのみでしたらいいのですが、
一番病気でしんどい、弱い存在の犬君が、病院通いでショックとまでいえる恐怖、副作用といった恐ろしい負担にさいなまれる時間が増えてしまうのですから、
私は皆様の選択を間違っていなかったと思っております。

出血は、その度毎に、心底心配で、
ご自身の気持ちがとても平静など保てない
つらい症状ですね。
とらちゃんさんは、よく踏ん張ってシロちゃんを
落ち着かせて、体を楽にして差し上げていると思います。

このような看病をできる方は世の中に多くはおりませんね。
病気、苦しい症状、看病しながらのつらい気持ちから全て目を背けずにお世話して差し上げていることは、とらちゃんさん、サルさんの人生の大きな宝物になっています。

苦から目を逸らす人が多いのですから、
その苦しみをシロちゃんの生活を守る為に苦しんだ人が、多くを得ないはずありませんね。

サポートして差し上げたいのですが、
このような字面のお手紙しか送信することができませず、大変もどかしいです。

とらちゃんさん、サルさん、どうぞ踏ん張って健康をお守りになって、まずご自身の気持ちを支えてくださいませ。
そしてシロちゃんが、怖い思いをしないように、
お二方にできるだけ多くそばに居てもらえますように願っております。

3人で居ることが一番の安心です。

つらいことが多いと思われますがどうぞ
お二人で気持ちを支えあって、
どんなことにもへこたれずに、
今日という貴重な一日を心穏やかに過ごせますように願っております。

シロちゃんが食欲を見せて、
出血なさいませぬように
お祈りさせていただきます。

どうぞとらちゃんさん、サル様
しんどいと思いますが、体調を守られて
新しい週をスタートなさってください。

町田からお祈り致しておりますから。

今日少しでも安心できるよい日になりますように重ねてお祈り申し上げ、送信させていただきますね。

それでは、一旦失礼させていただきます。

ごめんくださいませ。








いつもありがとうございます!

  • by とらちゃん&サル
  • 2010/07/27 11:54
mary jones様

暖かいコメントを何度も頂き、本当にありがとうございます!
前回のコメントは、個人情報が少し入っておりましたので
非公開にさせて頂きました。

本当に毎日毎日暑いです・・・
mary jonesさんもお体に気をつけてくださいね。

放射線治療をしなかったことが正しかったことかどうかわかりませんが
シロが明らかにストレスなく毎日を過ごしているかがわかるので
私達自身は本当によかったと思っています。

ですが、mary jonesさんがおっしゃって下さるような強い飼い主ではありません・・・(汗)
きれいごとばかりではいかないことも多いですし
葛藤の毎日です。

ですが、こんな私をよそに
シロは毎日食欲を見せてくれていますし、ゆっくりですが
毎日の散歩も続いています。

皆さんの励ましのおかげだなぁと思っております。
本当に有難いです!!

更新も時々ですが、また見守って下さればうれしいです。

とら

大切な大切な思い出ですね

  • by mary jones
  • 2010/07/31(Sat)02:01
  • Edit
とらちゃんさん、サル様、そして2階が大好きなシロちゃん、
3人でゆっくりお散歩されて何よりでしたね。
少しずつ欠けてゆく月も見守っていたことと思います。

我が家もチャー坊というセッター犬が、
疲れを知らずに暴れていた頃の話を
いつも思い出しては話しています。

飛びつかれてスライディングドアごと私が吹っ飛ばされたマンガのようなこともありました。
このままでは、家庭と身体が壊れると危惧されましたが、ドアだけが壊れました。

全犬種中イタズラ度No,1の遺伝子で作られている為、怒られそうなものを選んでは、
『オラッチこーんなに悪いことしてるよー!うっしっし』と
嬉しそうにクワエテくるのです。
やはり、パーカーの紐もツンツンツンツンどんどん引っ張っちゃっていました。

書類を持って銀行と電話で話していたら
すごいスピードで突進して来て私の持っている書類を引きちぎって逃げて、また突進してきて別の部分をちぎって逃げて、電話が終わる頃には手に握られている部分の書類(の破片)しか残っていませんでした。

真珠のイヤリングも食べられました。
『チャー君、ここにあったイヤリング食べちゃったね?』と問いただしましたら
『オラッチ、ぜーんぜん食べてないよー、あのねえ、ちょっと舐めてみた、そして飲んだ』
『やっぱり、チャー君、それを“食べた”って言うんだよーー』

たくさんご飯を食べ、お水なども200口くらいがぶ飲みして、あらゆる点で度肝を抜く陽気で優しい若い時代でした。

そのときも何て可愛いのだろうと、神様は茶色と黒ですばらしいものを作られたなと感心しておりました。

今はもう1年7ヶ月動物病院通いですが、病院へ行く度、頑張っているチャー坊は、
『心配ばかり掛ける可愛い大切なチャー君』と
さらに主人と私から可愛がられ攻撃を受けています。

100パーセントで慕ってくれて、
飼い主を好きになってくれて、
ごめんねーと謝ると
『カーサン、気にしないで、オラッチ全然なんとも思ってないよ』とぺろぺろ舐めてくれて
何て寛容で、素直なのだろうと
見習う点が多いです。

ふさふさの毛皮の中に
大変美しい魂が入っていますね。

楽しい時代があって、
病気と闘う時代がやって来て‥‥
私も不安と恐怖のあまり泣くだけ泣いて顔を洗う、
この繰り返しの時が多いです。
こんな時こそ安心と安らぎで包んで
守ってあげたいと踏ん張っています。

今は、神様から時間をもらえていることに感謝して、チャー君といろいろなことを話し、
ひとりにしないように過ごしています。

シロちゃんの子犬時代のお話を拝見して、チャー坊の事書きたくなってしまいました。
そして長くなってしまいました。
ごめんなさいね。

これだけ多くの犬君がいるなかで、
とらちゃんさんとサルさんのもとに、
シロちゃんだけが一緒に暮らす犬として
やってきてくれた縁は大変貴重ですね。

毎日毎日、シロちゃんが困らないように労力使って一生懸命一緒に居てあげるだけですよね。

しんどい時間に、悲しくなってしまって、
本当につらい局面が続いてしまったと思います。

同じことばかり申し上げてしまうのですが、
どうぞ、どんなことにもへこたれずに、
お二人で支えあって、シロちゃんを守って
お過ごしくださいませね。

お食事、睡眠、心配なことがありますと
なかなかスムーズに行かないものですが、
どうぞ呼吸法で気持ちをゆったりさせて、
健康を第一になさってくださいませ。

呼吸は吐くことでのみ副交感神経優位に保てると
いいますから、意識してゆっくり息を吐くこと
試してください。

今度は、チャー君のことはさておき、
トラちゃんさんとサルさんを
サポートできるような文面を心掛けます。

夏の日差しが戻ってくるような週末です。
どうぞくれぐれもお気をつけて、
安全にお過ごしくださいね。

町田からお祈り致しておりますから。
お返事は気になさらないでくださいね。

それでは、おやすみなさいませ。










mary jones様

  • by とらちゃん&サル
  • 2010/08/04 12:00
いつもコメントありがとうございます(*^-^)

チャー坊君、とってもパワフルでやんちゃな子犬時代だったんですね。
シロもパワフルでやんちゃだったため 大変なことも多かったのですが
それがよけいに愛おしくなってきますよね。
思い出も多いし・・・!

チャー坊君にお会いしたことはないのだけれど
文面から想像し、とても愛らしいワンちゃんなんだろうなと感じました。

そして、1年7ヶ月も病院に通われているとのこと・・・
シロと同じ病気なのでしょうか・・・??

10ヶ月の闘病生活だけでも大変だなと感じている私です・・・(汗)
本当にいろいろと辛い思いをされていることと思います。

mary jones様もチャー坊君も
笑顔で素敵な毎日を送れますように・・・!!

とら

9月が始まりました

  • by mary jones
  • 2010/09/01(Wed)16:30
  • Edit
とらちゃん様、サルさんそしてかわいいシロちゃん、

今年は長い夏になってしまいましたね。
もう1週間位したら涼しくなる‥
と何週間も考えているようで、
疲れますね。

本日2つの記事を拝見致しました。
いつも長くコメントを書いてしまいますので、
今日はすっきりと送信致します。

気候がこのようですと、
暑さと闘う必要も出てきて、
毎日が一杯一杯になってしまいます。

今度は本当にあと1週間くらいで涼しくなるように思いますから、どうぞご無理なさらないように、
お食事、水分、安全第一にお過ごしくださいね。

病気の子には、わずかな涼風も天の助けのように感じます。
こちらは、4,5日前から虫の声が多くなりました。

秋の到来を心底願っています。
シロちゃんのつらい症状が少なく、
スヤスヤ眠れますように、
重ねてお祈り申し上げます。

それでは、今日はこれで失礼させていただきますね。
またお邪魔させていただきますね。

どうぞ、くれぐれもお気をつけて。

それではごめんくださいませ。   
    






mary jones様

  • by とらちゃん&サル
  • 2010/09/03 14:33
いつもコメントをありがとうございます☆
なかなか返事を書けず、申し訳ありません・・・・!!

いつも、気にかけて頂き、嬉しく思っております。

本当に長い長い夏ですね。
どうかmary jonesさんも、チャー君もお体に気をつけて下さいね。

シロちゃん,偉いです

  • by mary jones
  • 2010/09/25(Sat)05:40
  • Edit
とらちゃん様、サルさん、そして大変頑張っているシロちゃん、

夏はもうどこにも見当たりませんね。
よくこのように記録的な夏を頑張って過ごせましたね。

とらちゃんさん、サルさんも本当に、大変困難だったことと思います。

チャー君見ても、暑さの為に息苦しかったのでしょうが、呼吸器が具合悪くなったのではと思うような
呼吸の荒さで、寝ていてもその息使いでよく起こされました。

今は、気温も下がり、疲労度がかなり減ってきたと思っています。
とにかく暑さとの戦いで消耗しましたから。

シロちゃんは、苦しい日も少しずつご飯を食べて、
とらちゃんさん、サルさんの心配と愛情のなかで
過ごされているのですね。

本当に好きなものなんでも少しでも食べてもらいたいですよね。

とらちゃんさんとサルさんの、お気持ち、
身に沁みてよく分ります。

神様が、みなさんに恵みをくださいますように、
みなさんの苦しみが少しでも減りますように願っております。

つらい日が続き、しんどいことと思いますが、
どうぞとらちゃんさんサルさんは、お食事
頑張って召し上がられて、今日をスタートなさってください。

何も出来ませずもどかしいのですが町田から
お祈り致しております。

どうぞご無理なさらないように。
またどうぞ怪我にも注意されてください。

それではまとまりませぬままに失礼させていただきますね。

涼しい風の季節、心穏やかな秋を願っております。

         
















mary jones様

  • by とらちゃん&サル
  • 2010/09/26 14:58
いつもコメントありがとうございます。
ようやく涼しくなってきましたね。

あまりにず~っと暑かったせいか
少し涼しくなるだけで、肌寒く感じてしまいますね。

mary jonesさんも、チャー君も
お体に気をつけて下さいね。

シロは、ここのところ、食欲がありません。

また食べられるようになるといいのですが・・・


いつも気にかけて下さり、本当にありがとうございます。

チャー君もどうぞお大事に・・・・!!
たくさんの笑顔がありますように。

とら

早起きコメントです

  • by mary jones
  • 2010/10/04(Mon)05:05
  • Edit
とらちゃん様、サルさん、そして体調に敏感にご飯を食べられたかわいいシロちゃん様

シロちゃん、ご飯食べられて本当に良かったです。

以前、30年も前ですが、学生時代に
愛とは何かということを定義する折がありまして、

『もっと良いものを持ってこられても代替不可能なもの』という結論を出しました。

もっと健康な犬、もっと若い犬、もっとかっこいい犬、を持ってこられても、
やはりうちの心配ばかり掛けるこの子が一番好きなんですよね。

神様がちゃんとシロちゃんの良いように守ってくださいますね。

シロちゃんのペースで、シロちゃんの時間軸で、
シロちゃんの負担少なく、
私達が考えているこの24時間が1日というサイクルとは違う時の流れで
守ってくださっているのでしょう。

シロちゃんが立派なので、
こちらも良い10月が始まったように感じました。

犬くんは、いつも100パーセントで、嘘がなく、
人をうらみに思うことなく、素直で
おいしく水を飲み、どんどんご飯を飲み込み、
お外を歩くだけでニコニコして、
かわいいですね。
ずっと昔、犬は人間なんかよりずっと神に近いと
主人が申しておりましたが、
私は49歳になってやっとそれが実感できるように
なりました。

本当に本当に苦しくても、
つらく悲しい日があったにしても、
この子がうちに子になってくれたという縁がもたらした
幸福の分量の方が勝りますね。

幸福をまた増やす為にも、
とらちゃん様とサルさん、頑張ってお食事
沢山召し上がってください。

町田からお祈り致しておりますから。

それではまとまらぬままに、
送信させていただきますね。

どうもありがとうございました。














mary jones様

  • by とらちゃん&サル
  • 2010/10/04 16:04
いつも気にかけて頂きありがとうございます。

そうですね・・
愛というのはそういうものかもしれません。

愛犬が真っ直ぐで一生懸命な愛をくれるから
人間もそれに答えながら一緒に時間を過ごしてるんでしょうね・・・

そして、代わりのきかない存在になっていく・・・

本当に、犬と飼い主というのは不思議です。
強い何かで結ばれているように感じます。

いつも、貴重なお時間を使い、コメントをありがとうございます。
mary jonesさんも、チャー君と穏やかなお時間を過ごされることを願って・・

とら

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バカ夫婦人気記事

愛犬シロの闘病記最古記事>>
※記事一番下のBACKまたはPREVをクリックして頂けますと、古い記事から順番に読めます。
(ブログの設定上順番が逆になっています)

人生の冒険最古記事>>
※一番下までスクロールしてからお読みください。
BACKまたはPREVをクリックで続きが表示されます。

最新コメント

[04/26 とら]
[04/25 みちこ]
[03/25 とら]
[10/11 とら]
[10/10 みちこ]

プロフィール

HN:
とらちゃん&サル
性別:
非公開
自己紹介:
とらちゃん♀&サル♂です。
旅にバイク 人生を楽しく生きることをやめずにいるバカ夫婦。

出会いや別れ 失敗や成功
嬉しいことや 悲しいこと
 
いろんなことに日々向き合って
結局は「楽しく」生きていきたいな。

バカ夫婦ブログに訪問して頂きありがとうございます♪

とら&サル
Copyright ©  -- バカ夫婦。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]