忍者ブログ

バカ夫婦。

とらちゃんとサル。 バカ夫婦歴22年。 何年経っても仲良しで冒険好きな夫婦です。 そんな人生の旅の途中。 出会いや別れの中で気付いたこと、思ったことなどを綴っています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな願い 小さな幸せ

前回のつづき】

子宮外妊娠の手術で入院。

私にとって人生初めての入院だった。

それは今まで病気をせず健康だったんだと言えるんだけど
その時はただ空しかった。


夜中になるとどこかの部屋から赤ちゃんの泣き声が聞こえる。

そう。ここは婦人科だから。


産まれる命があり
消える命がある。


そこが病院と言えるのだけど。


そんな声を聞きながら
やっぱり涙が止まらなかった。





だけど入院と言うのは大変暇なもので
ひたすら固いベッドに寝ていると
いろんなことを考える。


人間というのは最後には強い生き物で
いろんなことを考えているうちに
自分は幸せだなと思えるようになった。


確かに赤ちゃんは失ったし
お腹も切ったけれど


「あるもの」もいっぱいあった。


サルがいてくれる。
遠くに仕事で行っているけれど
週末には大急ぎで帰ってきてくれる。


お腹を切った私を冗談を言って笑わせ
私がお腹を押さえながら「も~!」と怒りながら笑う。


ただ、それだけなのに
幸せを感じた。



シロがこの世に存在してくれている。
私がいなくて寂しいだろうに
ちゃんと家を守ってくれて私を待ってくれてる。


あぁ、シロに会いたい。
シロを思いっきり撫でてあげたい!


実家の家族がいてくれる。
サルがいない平日に支えてくれる。


悲しい思いをさせただろうな。
私も悲しいけれど
あれほど孫を楽しみにしていただろうに・・・。


喜ばせられなくてごめんね。





寝ているだけの暇な脳はそういうことに気づかせてくれた。


何もかも絶望しかかっていた心に
いろんな暖かいものが流れていくようだった。



早く元気になってサルと一緒にご飯を食べたい!
向かい合って
ラーメンなんかをすすりながら
「おいしいなぁ~」って笑いたい。


願いはそれだけだった。


私の願いは案外小さなもんだな。


気付いたら少し笑えた。


笑った自分に少しびっくりして
今の自分をちょっと好きになれた。



でも、実際あの入院がサルとの距離を縮めてくれた気がする。




人生って奪っていくばかりじゃないのかもな・・


そう思った。




【つづく】


とら

↓いつもクリック応援ありがとうございます!
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バカ夫婦人気記事

愛犬シロの闘病記最古記事>>
※記事一番下のBACKまたはPREVをクリックして頂けますと、古い記事から順番に読めます。
(ブログの設定上順番が逆になっています)

人生の冒険最古記事>>
※一番下までスクロールしてからお読みください。
BACKまたはPREVをクリックで続きが表示されます。

最新コメント

[04/26 とら]
[04/25 みちこ]
[03/25 とら]
[10/11 とら]
[10/10 みちこ]

プロフィール

HN:
とらちゃん&サル
性別:
非公開
自己紹介:
とらちゃん♀&サル♂です。
旅にバイク 人生を楽しく生きることをやめずにいるバカ夫婦。

出会いや別れ 失敗や成功
嬉しいことや 悲しいこと
 
いろんなことに日々向き合って
結局は「楽しく」生きていきたいな。

バカ夫婦ブログに訪問して頂きありがとうございます♪

とら&サル
Copyright ©  -- バカ夫婦。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]